関係各位

テレビ東京「世界ナゼ?そこに日本人」2013329日放送分で、アラガキ・チョコレートを取り上げていただきましたが、工場内で飲食するシーンに関して、事実とは異なる部分がございましたので報告させて頂きます。

撮影期間中、番組制作者からその意図を伝えられることなく、工場内でバナナを食べることを要求され、それに応じました。ウガンダの衛生法では、製造時間中の食品工場内での飲食は禁じられており、当然弊社工場内でも一切の飲食を認めておりません。

本映像の撮影終了後、工場内での飲食が衛生法上問題であることと、またそれを日常業務では認めていない旨を番組制作者の方にお伝えし、本映像を放送しないよう要請しました。しかしながら、製作者様の手違いにより、上記の映像は放送されてしまいました。

本行為が、ウガンダの衛生法で禁じられているにもかかわらず、軽率にもそれを実行してしまったことを深く反省致しております。アラガキ・チョコレートの消費者や応援いただいている皆様には、弊社の業務に関する誤った印象を与えてしまったことに対して、心よりお詫び申し上げます。今後のメディア対応には慎重かつ、自覚ある行動をとり、より気を引き締めて日々の業務に励んで参ります。

また、番組DVDを受け取るのに相当な時間がかかったことと、製作会社ならびにテレビ局との交渉に時間がかかってしまったため、皆様にご報告差し上げるのが大変遅くなってしまいました。重ね重ね、お詫び申し上げます。

尚、本件に関しては下記の通り、テレビ東京のウェブサイトにも掲載して頂きましたので、ご参考頂けると幸甚です。
http://www.tv-tokyo.co.jp/nazesoko/backnumber/130329.html

弊社の業務では、衛生面を徹底的に管理しており、皆様に安心して製品をご賞味頂けるよう、定期的な安全性試験を実施してウガンダの食品基準に合格し、さらに、自社検査基準を満たした製品だけを出荷致しております。この度は、弊社の誤った印象を皆様に与えてしまいましたが、今後も変わらぬご支援・ご鞭撻を頂けると誠に幸いに思います。

アラガキ・チョコレート・リミテッド 荒垣和孝

アラガキ・チョコレート・リミテッド / 電子メール: web@aragaki.co.ug

Copyright Aragaki Chocolate Limited All rights reserved.